Message

次世代社会インフラのイノベーションに資する先端技術と事業戦略を考える

私はこれまで建築・不動産産業の専門知識とAI・IoT技術の専門知識の両方を組み合わせた学際的研究を実施してまいりました。併せて、理論的な研究に止まらず、私が起業した会社で社会実装を行っていました。

このような背景から、先端技術の研究開発、社会実装、事業化に興味を持っており、AI・DX戦略、R&D戦略を基本的な研究テーマに掲げて東工大MOTで活動しています。

所属学生の研究題材については、学生自身が興味のある業種や分野を選択してもらおうと考えています。その上で、当研究室の特色を挙げるとすれば、数理最適化のアルゴリズム開発や社会インフラ産業を主な研究対象にしていることでしょう。

えて、企業活動の基盤となるワークプレイス、例えばオフィス環境や都市環境もイノベーションに大きな影響を与えていると考えています。広義の”働く環境”がイノベーションの創発や企業活動の効率性とどのように関連するのか?その問いに対し、インキュベーション施設や複合用途都市開発、ウェルネス経営等を切り口として解明に取り組むことも重要な研究テーマのひとつです。

当研究室に配属される学生には次世代のイノベーション人材として「既存の事業や組織、社会・経済システムの枠組みを超越し、多様な視点で物事を捉え、柔軟かつ革新的な思考力ならびに発信力を身につけること」を期待しています。

そのために、当研究室では以下の3点を重視し、自由闊達な議論が行われる研究室環境を提供します。

  • 1)主体的な情報収集活動
  • 2)得られた情報の潜在的な特徴を分析する力
  • 3)成果を論理的かつ魅力的に伝える力

まだ新しい研究室ですが、その分、色々とフレキシブルに研究室運営をしたいと思っています。

※注意※

当研究室を志望される学生は、事前に必ず面談のアポイントメントを取ってください。