池田伸太郎 准教授

出身地:東京都品川区、1990年生まれ

所 属:東京工業大学環境・社会理工学院イノベーション科学系 / 技術経営専門職学位課程 (MOT)

学 位:博士(工学)、東京大学、2018年

博士論文題目:Building and district energy optimization using metaheuristics and machine learning

E-mail:ikeda.s.au [at] m.titech.ac.jp

※お仕事の依頼はE-mailもしくはTwitterのDMで受け付けております

略歴

2012年、東京理科大学学部4年生時に「遺伝的アルゴリズムとラグランジュの未定乗数法の数理テクニックを用いて建築設備設計・運用を自動化する」との研究テーマを掲げ、建築学と情報工学の学際的研究を開始。

2013年に東京大学大学院へ進学後、上記の学際的研究を進める傍ら、国際エネルギー機関(IEA)の国際プロジェクトや東京大学公共政策大学院の部局横断プロジェクト「科学技術イノベーション政策のための科学」に第1期生として参加し、国内外・文理問わず見識を広める。

2018年に東京大学大学院博士後期課程を修了し博士号を取得後、大学で研究活動を進める傍ら、起業。大学院時代の経験を基にAI技術の社会実装を目指し、ITコンサルタント、システムエンジニア、プログラマの役割を一手に引き受けて事業を実施。

2021年、これまでの研究者生活における建築とAIの専門知識を持つエンジニアとしてのスキルや視座のみならず、イノベーション科学の知識や起業家としての経験も踏まえ、複数の分野を跨ぐ学際的な観点からイノベーション及びマネジメントに関する研究の実施および実務家の養成を志し、東京工業大学MOTへ着任。

学歴

2018年  3月 東京大学大学院工学系研究科建築学専攻博士後期課程修了

2015年  3月 東京大学大学院工学系研究科建築学専攻修士課程修了 / 部局横断プログラム「科学技術イノベーション政策のための科学」修了

2013年  3月 東京理科大学工学部第一部建築学科卒業

2009年  3月 明治学院東村山高等学校卒業

職歴

2021年 4月 東京工業大学環境・社会理工学院イノベーション科学系 / 技術経営専門職学位課程(MOT)准教授 現職

2020年 4月 東京都立大学非常勤講師(2020年9月まで)

2019年 4月 東京理科大学工学部建築学科助教(2021年3月まで)

2019年 4月 ユニバーサル・エレメンツ合同会社創業(2021年3月まで)

2018年 9月 東京大学生産技術研究所協力研究員(2021年3月まで)

2018年 4月 日本学術振興会特別研究員PD

2015年 4月 日本学術振興会特別研究員DC1

受賞歴

2020年  4月 文部科学省大臣表彰若手科学者賞

2020年  3月 空気調和・衛生工学会学会賞論文賞(学術論文部門)

2017年  8月 日本建築学会 奨励賞

2017年  7月 第51回空気調和・冷凍連合講演会 優秀講演賞

201611月 空気調和・衛生工学会大会 優秀講演奨励賞

2016年10月 日本建築学会学術講演会・環境工学部門若手優秀発表賞

2015年  9月 日本建築学会 優秀修士論文賞

2015年  3月 日本建築学会 関東支部若手優秀研究報告賞

2013年  8 日本建築学会 優秀卒業論文賞